江本 翔
Kakeru Emoto

1984年生まれ。千葉県出身。
4歳からエレクトーンをはじめ、11歳の時にヤマハのエレクトーンデモンストレーターとして活動。金坂征広(yuki”monolog”)と共にユニットを結成し、関東各地で公演を重ねる。

青山学院大学入学後、Bill Evansの演奏に感銘を受け、ジャズピアノに転向。ジャズピアニスト 福田重男氏、太田寛ニ氏に師事。

20代後半から活動を再開し、ボーカルのKeissy Costa・ベーシスト山根幸洋と、ブラジル音楽に傾倒したバンドSan-ninho(サンニーニョ)では関東甲信越・近畿・関西の各地におけるライブツアーを行う。また、ドラマー・プロデューサーの平井景のライブツアーにも度々参加。ボーカリストnoonとの”Japanese Songbookツアー”などにも参加し、活動の幅を広げる。ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーリリースしているGentle Forest Jazz Bandの公演も経験。
Playwrightレーベル所属のユニット・freecubeのサポートを行い、”Family Vol.2 by Playwright” “cordial” の2枚のアルバムに鍵盤として参加。また、海外との繋がりも濃く、Mark Taylor(drums)、Steve Whipple(bass)などの海外アーティストとの共演も果たす。

作曲活動も行っており、自身のオリジナル曲で構成されたライヴ「江本翔Special Live」を高円寺JIROKICHIを根城に活動。また、鍵盤奏者・井高寛朗との双頭リーダーバンドである「江本翔 x 井高寛朗 “W” Keyboard Project」でのライヴ活動を実施。