江本 翔
Kakeru Emoto

1984年生まれ。千葉県出身。
4歳からエレクトーンをはじめ、11歳の時に財団法人ヤマハのエレクトーンデモンストレーターとして活動。糸永雅文氏プロデュースによるユニット「JPN(ジャンジャカパフォーマーネットワーク)」を金坂征広(Yuki Kanesaka)と共に結成し、関東各地で公演を重ねる。

青山学院大学入学後、Bill Evansの演奏に感銘を受け、ジャズピアノに転向。ジャズピアニスト 福田重男氏、太田寛ニ氏に師事。

20代後半から活動を再開し、ボーカリストKeissy Costa・ベーシスト山根幸洋と、ブラジル音楽に傾倒したバンド「San-ninho(サンニーニョ)」では関東甲信越・近畿・関西ライブツアーを行う。また、ドラマー平井景プロデュースによる八ヶ岳南麓ボッサ・ナナマリツアー、noon “Japanese Songbook” ツアーに参加。

Playwrightレーベルの「freecube」のサポートピアノとして『Family Vol.2 by Playwright』『cordial』 の2枚のアルバムに参加。また、海外との繋がりもあり、ドラムMark Taylor、ベースSteve Whippleなどの海外アーティストとの共演も果たす。

作曲活動も行っており、自身のオリジナル曲で構成されたライヴ「江本翔Special Live」を高円寺JIROKICHIを根城に活動。鍵盤奏者・井高寛朗との双頭リーダーバンドである「”W” Keyboard Project」で活動。

2020年には、江本翔がピアニストとして、作曲家として、様々なアート表現をする音楽プロジェクト「EMO Tribe」で1st Album 『Trial』がリリース。Jazz Japan誌、Yahoo!ニュースなどに掲載され注目を集める。